2012年6月アーカイブ

食品の酸性・アルカリ性の一覧表

アルカリ性の野菜
ほとんどの野菜

酸性の野菜
ホワイトアスパラガス、乾燥豆、ひよこ豆、レンズ豆

アルカリ性の果物
ほとんどの果物
※果物は消化、吸収がスムーズで、本来であれば30分で消化吸収され、体内に適度な水分をもたらし、血液をクレンジングする働きを持っているが、他の食品と一緒に食べることで消化に時間がかかり、本来の果物の特性を生かせないので果物は単独で空腹時に食べることが望ましい。特に柑橘系は穀物と一緒に食べると体内では酸性物質になるので、一緒に食べないようにとケイシーは注意している。

酸性の果物
加工されたもの、缶詰、ブルーベリー、クランベリー、化学薬品が使われているドライフルーツ、酢漬けのオリーブの実、梅の実、プルーン

アルカリ性のナッツ
生アーモンド
ローストしたクルミ
フレッシュココナッツ

酸性のナッツ
それ以外のナッツ
乾燥ココナッツ

アルカリ性の乳製品
乳酸菌牛乳、バターミルク、非加熱殺菌牛乳、ホエイ、プレーンヨーグルト

酸性の乳製品
ほとんどの牛乳、バター、全てのチーズ、カッテージチーズ、生クリーム類、カスタード、マーガリン、調理された牛乳

アルカリ性の穀類
アマランサス、キヌワ、(ソバ、ヒエは中性からアルカリ性)

酸性の穀類

上記以外の穀類

アルカリ性の肉類
ビーフジュース(ケイシーの勧めたビーフエキス)
血液と骨

酸性の肉類

それ以外の肉魚類
ゼラチン

アルカリ性の調味料
アガベシロップ、代用コーヒー、蜂蜜、昆布(海草)、ハーブ茶、中国茶、卵の黄身
※味噌はアルカリ性食品に入ると言われている

酸性の調味料
アルコール、コーヒー、紅茶、ココア、全ての調味料、ドレッシング、マヨネーズ、卵白、香辛料、タピオカ、酢、薬
※生の蜂蜜や生砂糖の灰はアルカリ性を形成するが、精製されたものは酸性となる。


参照ページはこちら
酸・アルカリバランスについての記事

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。