エドガーケイシー

健康の基本原則

エドガー・ケイシーリーディングにみる、健康への道とは?

乾癬、湿疹、アトピー、乾癬による関節炎のための食事療法

★ジョン・パガノ氏作成の食事表ー実際に食事療法を始める方は、パガノ医師のセミナービデオ、 書籍 を必ずご参照下さい。

私達が考えたこと、私達が食べたもの、それらが合わさって今の私達を作っている。肉体的にも精神的にも。(リーディング288-3)

乾癬の方が食べてはいけないもの、避けるべき食材
1)羊以外の赤身の肉(牛肉、豚肉など)

2)加工肉(ソーセージ、サラミなど)

3)ナス科の食物(トマト、トマトが入っている加工食品、ケチャップ、ナス、ジャガイモ、パプリカ、コショウや唐辛子類、タバコー喫煙)

4)砂糖、砂糖が使われている食事、スナック類(炭酸飲料、お菓子やデザート類、ポテトチップスやスナック菓子)

5)貝、甲殻類(カニ、エビ、牡蠣、貝類及び、それらで作られた調味料類)

6)全ての揚げ物、炒め物(高温の油で調理したもの)、ピザ、ビールやお酒などのアルコール類、砂糖が使われているシリアル、 酢、酢で作られたピクルスやドレッシング、燻製された食品、香辛料の強い料理、ココナツオイル、ヤシ油、肉汁(野菜は肉を一緒に調理しないこと)

7)イーストに反応がある場合には、イースト及びイーストが入っている食品

8)マーガリン、ショートニング、プラスチックボトル入りの安い料理油(調理には必ず遮光瓶入りの品質の高いオイルを使う) やそれらの油が使われているパンなど(一般に店頭で売られているパンやクッキー類はほとんど全てにマーガリンやショートニングが使われている) 参考文献はこち

9)他にアレルギーのある場合には、その食品


毎日の食事の約80%を構成すべきもの(アルカリ性食品)

地上の野菜(色のある新鮮野菜類)を豊富に(ロメインレタスなどのレタスを主軸に、ニンジン、セロリ、季節の緑黄色野菜を加える)  

◎地下の野菜

◎新鮮な果物(収穫されたあと熟した果物、生リンゴなどは避ける、バナナ、メロンは他の食品と一緒に食べない)
湿疹、関節炎、アトピーがある場合には、しばらく、かんきつ類、苺類は避けて様子を見てみる

◎飲物(1日8杯の水、ハーブティ、フレッシュジュース)

◎レシチン(1週間に5日間位、大さじ1杯の顆粒のレシチンを1日3回)

※地下で育った野菜より地上で育つ野菜を多く食べる(ニンジンは地上の野菜にカウントする)

※基本的に昼食は生野菜だけで構成するか、生野菜に少量のスープや少量のパン(ゴハン)にする

※ナス科の野菜(トマト、ジャガイモ、パプリカ、ナス、香辛料などは排除。トマトケチャップなども不可)

 

毎日の食事の約20%は下記で構成する(以下酸性食品)
◎魚肉類(魚、鶏肉、ターキー、ラムなど・・・皮は避ける、決して揚げないこと) 

◎穀類(全粒パン、玄米などー精白したものは避ける)

◎乳製品(低脂肪に限るーアイスクリームなどは避ける
湿疹、アトピーがある場合には、牛乳より豆乳、山羊乳が勧められる

◎卵は週に2~4ケ

◎高品質の低圧搾のオイル(小匙1杯のオリーブオイルを1日3回飲むことは勧められる)、フラックスオイル

ハーブティ(ニレ茶、紅花茶など

★食事は、野菜、果物を主食とし、その他の食品を副食にする。(ジューサー、ミキサーを1台用意し、新鮮な野菜や果物でジュースを作るとよい-ジューサーは遠心分離方式ではなく、ギア式のものが望ましい)

ドレッシングには酢は使わないこと(特に湿疹、アトピーの方)、ソース類にも要注意

トマト及びトマトの加工品、ジャガイモ、ナスは特に気をつけること!

★日本食には砂糖が使われることが多いので、砂糖には気をつけること

 

 


 

ページトップへ