エドガーケイシー

健康の基本原則

エドガー・ケイシーリーディングにみる、健康への道とは?

症状別 リーディングアドバイス 1

症状別 リーディングアドバイス 1     リーディングアドバイス2へ

ここでは、ケイシーリーディングを元にした症状別のアドバイスをご紹介します。
個別のリーディングアドバイスをお知りになりたい方は、お手数ですが、原文でご確認下さい。

口臭、更年期障害、生理痛、喘息、テンカン、ナルコプシー(居眠り病)、肥満、
偏頭痛、水虫

●口臭 (8件)

原因・・・排泄不良、消化不良、不十分な血液循環、不適切な食事などから生じる体内毒素

アドバイス・・・整骨、便秘解消(下剤など)、洗腸、、オイルマッサージ、蒸気浴、泥パック、バイオレットレイ(紫光線)、食事内容の改善、たくさんの水を飲む、ひまし油湿布など


●更年期障害 (26件)

原因・・・不安定な内分泌腺の働きー特に甲状腺、神経系の不調和、排泄不良、消化不良、血液循環の不良、体内毒素、不適切な食事、身体の衰弱

アドバイス・・・バイオレットレイ(4件)、 インピーダンス装置(2件)-これらは体内循環を助け、神経系に働き、リラックスさせる。
食事の改善ー野菜や果物をしっかり食べる。赤みの肉、揚げ物、炒め物、香辛料の強い食事、アルコール、炭水化物の摂取は控える。リンゴダイエットなどの果物ダイエットの実施。アトミダイン(ヨウ素)の摂取、
背骨の調整、中枢神経に働きかけるオイルマッサージ、 グライコサイモリンのパック、塩湿布、蒸気浴。
前向きな心を持つ、新鮮な空気を出来るだけ吸う、戸外で散歩をする、いつも歌を口ずさむ。


●生理痛 (27件)

原因・・・子宮や膣内自体に問題がある。骨盤あたりにうっ血をもたらす排泄不良。骨盤に関連する背骨にうっ血や圧迫がある。

アドバイス・・・背骨の調整(背骨の下部や仙骨あたりを特にチェックする)。
食事の改善(肉やデンプン質、砂糖などはできるだけ排除し、アルカリ性の高い食事に変える。タンパク質や鉄分はしっかりとる)。ひまし油湿布の実施や下腹部や背中の下部をエプソンソルトで湿布をする。バイオレットレイの使用(ただし生理中は行わない)。約1リットルの温水に小匙1杯のアトミダインを入れたもので、膣のあたりを洗浄し清潔を保つ。

アトミダインは、個人輸入商品です。


●喘 息 (73件)

原 因・・・気管支や喉頭に炎症や粘液の癒着があり、それが神経の刺激を引き起こす。自律神経系や脳脊髄システムに繋がる神経系に圧迫がある。脊柱のトラブル が原因となることが多い。消化不良。肺からの排泄不良(腎臓、肝臓からの排泄不良)などによって、体内毒素が体外に十分排出されていない。

アドバイス・・・脊柱の調整、オステオパシ-(気管への圧迫を取り去る)
食事の改善-砂糖もしくは砂糖の使われている食事を止める。牛肉、揚げ物、大量の炭水化物の摂取などを止める。生野菜のサラダを1日1回は食べる。
食物の組合せの注意 (食事のアドバイス参照)
カルシウムやヨード分の摂取。
呼吸をサポートする吸入剤の使用。
洗腸や下剤などで便秘や宿便の改善。
オイルマッサージ、蒸気浴、インピーダンス装置の使用。
転地療養(特に子ども)
積極的な態度、ストレスの軽減。

喘息患者によるケイシー療法実践レポートはこちら


●テンカン/子ども (20件)

原因・・・神経系の機能不全による神経と筋肉との不調和。頚椎、脊椎の歪み。出産時もしくは出産前に発生したトラブル。脳へのダメージ。

アドバイス・・・週2回程度の背骨の調整、ウエットセルの使用。15分程度の背骨へのオイルマッサージ。戸外での運動。建設的な暗示を親が就寝前やリラックスをしているときに与える。 パッションフラワーの飲用。

●テンカン/一般 (250件)

原因・・・内分泌腺の不均衡。腸の乳び管の癒着や炎症。腹部の「冷たい点」の存在。
背 骨の歪み。乳び管に関連する背骨の下部の不調和。下部の背骨の歪みが、頚椎の圧迫を作り出し、それが脳への適切な神経伝達を阻害または発作の原因を作りだ す-頚椎や腰椎の歪みは、より上部の背骨に影響を及ぼす。出産前後のトラブルで生じた背骨へのダメージでも、成長後の事故などによるダメージでも、背骨へ の障害が、脳に関連する背骨の歪みや癒着を引き起こし、脳への神経系統にダメージを与えている。
排泄不良。過剰な毒素が体内組織に流入。
カルマ的要因や魂の成長を目的のためにテンカンとして生まれた(9件)。
妊娠中の母親の不適切な食事。
両親の魂の成長のために自分がテンカンで生まれることを選択した。(病を持った子どもの世話をすることで、両親が精神的、霊的に成長していく)

アドバイス・・・食事の改善(ビタミン、ミネラルが豊富でアルカリ性の高い軽めの食事に変え、揚げ物や重い食事は避ける) パッションフラワー茶。の飲用
定期的な整骨(オステオパシー)-脳への神経伝達を調整している頚椎の1~3番のトリートメントが特に勧められた。
ひまし油湿布、オイルマッサージ(ピーナツオイルとオリーブオイルやココアバター)、洗腸。
インピーダンス装置やウエットセルの使用、バイオレットレイの使用。

・ウエットセル以外の商品の入手はこちら

●ナルコレプシー/居眠り病 (5名)

居眠り病は、通常、40歳前の男性に起こり易く、眠りがコントロールできず、活動中でも寝入ってしまう。

原因・・・内分泌腺の不調和、血液循環の不良、過度のストレス、過労、カルマ的な要因

アドバイス・・・オイルマッサージ、整骨、食事の改善、ウエットセルや インピーダンス装置の使用、蒸気浴、
食事は、鉄分、ビタミンA,D,B1が豊富な食品を充分にとる。豚肉、豚肉の加工品(ハムなど)は避ける。


●肥 満 (120件)

原因・・・過食(特に脂肪分や糖分)、不適切な食事内容、代謝不良、内分泌腺の不調和、循環不良、

アドバイス・・・食事の改善(102名)→新鮮な野菜、果物、それらのジュースをとる。食事や就寝の30分前に水で割ったグレープジュースを飲む。 キクイモを食べる。揚げ物、炒め物、炭水化物、砂糖及び砂糖が使われている食事は避ける。
消化を助ける補助剤を飲む(91名)。
インピーダンス装置の使用(80件)
洗腸(62名)、オイルマッサージ(60名)、整骨(特に腰椎-48名)


●偏頭痛 (26件)

原 因・・・体内のアンバランス。背骨の歪みから来る自律神経系と中枢神経系の不調和(13件)。排泄不良、消化不良、循環不良。内分泌腺の不調和と否定的な 態度。大腸内のうっ血(不適切な食事、消化不良、内分泌腺の不調和、神経の圧迫などから発する)などが原因で体内毒素が血液に流入。

アドバイス・・・食事の改善、整骨、インピーダンス装置の使用。洗腸、蒸気浴、消化補助剤の飲用、ひまし油湿布、オイルマッサージ。
柑橘系の果物(オレンジ)を食べると、偏頭痛を起こす人もいるので、柑橘系は避ける。


●水 虫 (19件)

原因・・・背骨の歪み、不適切な食事、排泄不良、脚部の循環不良

アドバイス・・・、背骨の調整(特に腰椎)
レイズ軟膏の使用、脚部へのオイルマッサージ(ミルラ入りオイル)、塩水や抗菌性のある溶液に足をつける、足をマリン(マレイン)茶で温湿布する。
食 事の改善(酸性食品を控える)。野菜や果物などのようなアルカリ性の高い食事に変える。肉は鶏肉、ラム、魚が勧められる。豚肉、牛肉は避ける。乾燥マメ、 ジャガイモ、グラタンのような重い食事は避ける。消化不良を起こす食べ物の組合せは避ける(食事のアドバイスを参照)。
洗腸、バイオレットレイの使用。

ウエットセルの入手先
インピーダンス装置、バイオレットレイの入手先

リーディングアドバイス目次へ

ページトップへ