エドガーケイシー

ベンチャーインワード記事

AREの機関誌 ベンチャーインワードの雑誌記事より

ホリスティック・ドクターへのQ&A(1)

November/December 2002
Venture Inward By Eric Mein, MD.

【パーキンソン氏病のインピーダンス装置の使用】
Q) 私はインピーダンス装置をパーキンソン症の妹に使用しています。最近、彼女は倒れて、腰をいため、手術が必要ようでした。その骨折した腰に埋められた固定 用の金属片と、インピーダンス装置は悪影響をおよぼしたりしないでしょうか?彼女はとても神経質になっていて、夜もねられないのです。

A) インピーダンス装置はその固定ピンがあっても効果を妨げられたり、治癒力がさがったりすることはないでしょう。装置の中身は2つの炭素鋼とそれを仕切るガ ラス板できていて、それを炭素と木炭で囲んでいます。これは血液と神経の循環のバランスをとる一つの方法として、ケイシーがリーディングのなかで推薦して います。 リーディングでは、この器具を次のようにいっています。
「人間の体内で平衡状態をつくり、電子物質の過不足からくる緊張を和らげる」(1800-4)."

この器具は冷え性で冷たい手足、循環不足、そして、不眠に推薦されています。
リーディングではこれは安全でだれにでも役立つものだといっています。 この器具がどのように働いているのかはまだはっきりしていません。リーディングではこの炭素鋼をはしる電流を計測することは不可能といっていますが、ま た、器具が作用するのは、宇宙に存在する創造の力と協調する「一番低い形態の電子力」であるといっています。

ケイシーリーディングではこの器具をレィディオ・アクティヴ・アプライアンス (放射性器具)と呼んでいますが、これはラジオの電波のような振動するエネ ルギーに働くからです。実際には電流はありませんので、あなたの妹さんにとっても、安全です。治癒の促進のために腰に挿入した金属と悪影響をおよぼしあっ たりしません。

あなたの妹さんのパーキンソン症のことですが、インピーダンス装置を使うときには、金を混入した溶解液をつかうのがいいでしょう。これはウェット・セルに よく利用される方法ですが、インピーダンス装置を使うときにも応用可能です。 ウェット・セルでは、30ミリボルトの電流が発生しますが、あまりにも弱い電流なので、あなたの妹さんの状態に害ががでるようなことはありません。


インピーダンス装置の入手はこちらから
ウエット・セルや塩化金の入手は、アメリカからの個人輸入 で入手可能


【慢性疲労】
Q) 私には慢性疲労があります。私の療法家は髪の毛の成分分析をしたら、何の栄養補助成分をとればいいのかわかるので、そうしたらどうかといいます。お金を払って行う価値はあるのでしょうか?

A) 髪の毛の分析は有害金属があるかどうかを調べるのに最適です。たとえば、亜鉛、水銀、カドニウム、そして、ヒ素などです。その他に、うまくいけば、ミネラ ルなどの過不足をしらべることもできます。しかし、この方法はあまり信頼性がないので、療法を変更する手段として利用するのは本当にはすすめられません。 なぜなら、正確な結果を得るには、とても慎重に髪の毛を用意する必要があるからです。

そのような研究所がこの検査の準備として薦めるのは、まず、髪の毛を染めたり、パーマをかけたりしてから、少なくとも2ヶ月は空けること。ふけ止めようの シャンプーは2ヶ月を使わない、幼児用などの成分が安全なシャンプーを最低でも検査の一週間前から使っておくこと。井戸や水道施設の影響も出てくるかもし れません。

髪の毛の検査を受ける日には、 コンディショナー、ムース、整髪剤も使用できません。もし、なにか特別な結果がでたなら、それを確認するため、もっとデータのそろっている他のテストをする必要があるでしょう。

疲労にはいろいろな原因があります。ケイシーリーディングでは、疲れと関係しているものは、必要なものを吸収する体の吸収力と、不必要なものの排出力の低 下、交感神経の過剰な活動、そして、がっかりしたり、おちこんだりするなどの思考形態などです。

これらが体の活動力に負担をあたえ、それが体内のなかの「神経力(nervous forces))を消費してしまうのです。疲れには、体全体、根底的なことを考え、アルカリ性の食事をし、排出力を高めることをして、そして、リラックス することを学びましょう。

栄養補助剤も効き目があるかもしれませんが、体全体に影響があるとは思わないでください。


【静脈瘤】
Q) ケイシーリーディングで静脈瘤(拡張蛇行静脈)に関してすすめていることはありますか? A) 静脈瘤 (拡張蛇行静脈)は、循環障害と血管の壁に傷がはいって起こります。それらは、物質的にダメージをうけ、静脈の圧力が高まり、排出すべきものが排 出されずにたまってしまい、 体の表面における循環を低下させます。
治療法には、繊維の豊富な食事をとって、便秘を解消し、運動を行い、長時間の立ち仕事をやめ、柔らかい圧力が脚にかかるように、柔軟性のあるストッキング をはきましょう。リーディングでは、背骨に障害があるかどうかを検査し、その他に、体の中心部と末端部、脚などに、オリーブオイルにミルラを入れたオイルマッサージをすることをすすめています。 マレイン(ビロウド・モウズイカ)を、お茶、または、温(蒸)湿布もすすめています。このお茶は、おかしくなった循環を制御するのに役立ち、下半身にかかる圧力を和らげるのです。

温湿布をするなら、出来れば収穫したばかりの新鮮なマレインの葉に、沸かしたお湯をかけて、温度がさがってきてから、その葉を静脈瘤のあるところにあてま す。もし、マレインが手に入らなかったら、トチノキの葉っぱでもかまいません。

乾燥したマレイン(ビロウド・モウズイカ)はこちらから

翻訳:田尻たかなり

ページトップへ